2016
09/02

COMMENTS:
No Comments »

看護師を悩ませる腰痛

看護師の仕事は、日々患者さんへの看護を通じて身体的な負担が大きくなることが悩みの種です。具体的には腰痛に悩まされる方が多く、この傾向は高齢者の多い病床や介護関連の施設に勤務するナースに見受けられます。とりわけ、高齢者の介護では寝たきりの方を支える姿勢が多くなることから、腰に負担がかかり慢性性的な腰痛を発症してしまうケースが頻繁に見受けられます。その為、予めコルセットなどを着用して腰痛を発症しないように注意しながら仕事に従事することが大切です。

また、女性は身体バランスが変化したときに健康状態を乱してしまうことが多くなります。これはストレスが引き金となる事も多く、高齢者のケアに従事する看護師に特徴的な健康状態の乱れでもあります。特に、女性の場合は自律神経の働きに影響を及ぼし、慢性的な腹痛や倦怠感に加えて冷え性やむくみなどを発症しやすくなる事も多いのです。その為、精神的な負担にも注意してナースの職務に取り組む事が必要です。且つ、これら複数の身体への負担が腰痛を悪化させてしまう事もある為、ナースの仕事では日常的な腰痛対策が不可欠です。やはり、腰痛を含め健康状態を適切に維持するためには日常的な試みが欠かせません。

慢性的な腰痛を防ぐためには、入浴後にストレッチをして、疲労が蓄積された筋肉をほぐすといいでしょう。結果的に、血液やリンパの流れに加えて老廃物の排出も促され、腰痛を防止する対策となります。筋肉をほぐすストレッチは、継続して取り組む事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です