2016
12/08

COMMENTS:
No Comments »

うつ病にならないために

医療の世界の中でも特に看護師は、女性の社会進出が進んでいます。しかし、実際の仕事内容は非常にハードワークで体力と精神を酷使しやすい特徴があり、離職率もとても高いという問題があります。さらに看護師は人材不足も深刻であり、仕事量に対して収入が見合わず、仕事への意欲をキープすることが難しいケースも多く見受けられます。

看護職を長く継続するためには、まず自分自身の健康管理をしっかり行い、心身ともにセルフコントロールすることが必須事項になります。そのために、所属している病院で受けている健康診断以外に、自分でメディカルチェックをすると効果的です。特にメンタル面の健康状態は自分自身でコントロールしなければならないので、しっかり自分と向き合ってメンタルをチェックすることはとても有効的な方法になります。ついつい身体的なメディカルチェックだけで満足してしまいがちですが、精神的な部分も同じくらい大切に扱いましょう。

看護職のハードワークによるストレスでうつ病になってしまうケースは多く、症状が酷くなる前にしっかりと予防することが重要です。万が一症状が出てしまった場合でも、早期発見することによって治すことができます。最悪の場合、休職したりして働けなくなってしまうことも考えられるので、いかに自分自身で自分を守れるかが大切になってきます。患者さんの看護をしっかりおこなうためには、まず自分の健康があってはじめて成り立ちます。人を元気にするためには、自分自身が元気でないといけないのです。心の病が手遅れになってしまっては、客観的に自分を見ることもできなくなってしまいます。「最近調子が良くないな」と違和感を感じたら、すぐにうつのメディカルチェックをしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です